【レオパ】マックスノーの遺伝子について

こんにちは。

 

今回はレオパの中でも人気が高い【スーパーマックスノー】について書いていこうと思います。


f:id:Kirihuki:20200508123034j:image

結構ハイイエローと似ていますよね。

 

マックスノーは共優性遺伝という遺伝形態にあります。

 

また、マックスノー同士を掛け合わせると、25%の確率で、スーパーマックスノーという個体が出てきます。

 

kirihuki.hatenadiary.com

遺伝については、こちらで詳しく説明しています。参考にしてみて下さい。

 

マックスノーは共優性遺伝のため、繁殖を目指している方には使いやすい品種かと思います。

 

なぜなら、家にノーマル、劣性遺伝の品種しかいない場合、マックスノー1匹いれば50%の確率でマックスノーが出てくるからです。

 

劣性遺伝の場合だと劣性遺伝同士を掛け合わせないと外見にその品種の特徴が現れないため、少し面倒です。

 

なので、趣味でブリーダーを始めようと思っている人は優性遺伝、共優性遺伝ばかり集めて掛け合わせると、目に見えたモルフがたくさん出てきます。(ヘテロがでないため。)

 

 

今回はこれぐらいにしておきます。

 

ありがとうございました。

 

↓いつも僕が参考にしている本です。