【超万能】ヤシガラは床材におすすめです!!

こんにちは。

 

今日は最近購入した床材が良すぎたので、ご紹介します。

 

今回購入したのはヤシガラなのですが、改めてヤシガラの便利さ・凄さに気づかされました。

 

今までの僕はレオパの床材にウォールナッツサンドを使用していました。

ビバリア ウォールナッツサンド 3kg

ビバリア ウォールナッツサンド 3kg

  • 発売日: 2013/07/10
  • メディア: その他
 

 (↑これです。)

 

ウォールナッツサンドは見た目に関して言うととても良いです。

 

しかし、保湿性がほとんどないです。

 

レオパにとって、湿度必用ないかどうか意見が多数あります。

 

インターネットで調べても様々な意見が出てきて、きりがなかったので自分で試すことにしました。

 

代表して6匹の成長期のレオパに協力してもらいました。

 

そのまま1か月飼育しました。

 

結果としては、ヤシガラの方が食いつきが良いように感じました。

 

6匹の内、食が細い子をヤシガラのグループに入れたのですが、確実に食いつきが変わりました。

 

今までは、コオロギの体液を口につけて、嫌々食べていた子がピンセットの先を追いかけてくれるようになりました。

 

その要因は湿度に関係していたと思います。

 

その結果をレオパに強いショップさんに聞いてもらったのですが、やはり湿度が関係しているそうで、そのショップさんでは何100匹もレオパがいるのですが、全てヤシガラが敷かれていました。

 

ちなみに、そのお店のニシアフクレスなど、様々な種類の生き物にヤシガラが使用されていました。

 

また、僕はカメレオンも飼育していますが、最近キッチンペーパーからヤシガラに変更してから、当然湿度維持もしやすく、脱皮不全の回数が減りました。

 

さらに、アガマの床材もヤシガラに変更してしまいました(笑)。

 

アガマは床材を掘ってその中で寝ていたりしているので、以前まで使用していた人工芝よりも遥かに居心地の良いケージになりました。

 

そして、ヤシガラは保湿性の他に、糞の取り除きやすいという点でもおすすめです。

 

レオパの排泄物だったりすると、ヤシガラ1つにくっついているので、ピンセットでヤシガラをつまめば、すぐに掃除が終わります。

 

グダグダ書きましたが結論を言うとヤシガラにして良かったです!!

 

↓今回購入したヤシガラです。

 この商品の特徴は1L当たりの単価が約25円とめちゃくちゃ安いです。

 

ただ、爬虫類を少ない数を飼育している方には、恐らく量が多く1か月に1回全交換して、さらに贅沢にしようしても、1年以上もつと思います。

 

「そんなに要らないよ!!」といった方もいるかと思います。

 

飼育している爬虫類の数が10匹もいない方には量が少ない商品をおすすめします。

ミタニ 昆虫爬虫類用床材 ハスクチップ10リットル KM-20
 

 ただ、先ほどのヤシガラに比べて床材1L当たりの値段が128.8円約5倍の値段になっています。

 

なので、コスパを求める方は単価が安い方をお勧めします。

 

今回はここらで終わりにしようと思います。

 

これからも、爬虫類飼育者の日常から、皆さんに役立つ情報を発信していこうと思っています。

 

是非、応援していただけると嬉しいです。

kirihuki.hatenadiary.com

 

次回は「レオパの水の必要性」的な感じで、体験談を書いていこうと思います。

 

 ありがとうございました。